ウラジオストクのお勧めレジャー

浦潮旧日本人街の散策

浦潮旧日本人街の散策

日本にゆかりのあるウラジオストクの名所・旧跡巡り

ウラジオストクの歴史的な建物

ウラジオストクの歴史的な建物

ウラジオストクの鮮やかで多目的な建築遺産は都市の精神を正確に伝えています

C-56潜水艦

C-56潜水艦

潜水艦の中部や艦首の内観がそのまま保管されているため、ここは文字通りに光栄ある過去と触れ合うことが出来ます

ウラジオストクの橋

ウラジオストクの橋

500万人以上の都市のインフラ、光景や美学を変えた橋3本について。

ケーブルカー

ケーブルカー

小型ながら印象的なトラムは相変わらず観光客の人気を博しています。

ウラジオストクの海岸通り

ウラジオストクの海岸通り

地元の俗語では「ナプカ」というのは海岸通りを示しています。ウラジオストクは4つの海岸通りがあり、どちらを散策しても海の香りを嗅ぎながら都市のエネルギーを感じられます。

国立アカデミー・マリインスキー劇場付属<br/>沿海地方ステージ

国立アカデミー・マリインスキー劇場付属
沿海地方ステージ

最新の技術を取り入れて建設された劇場はウラジオストク文化生活の中心となっています。

「マイヒンスコイェ」ワイン醸造所

「マイヒンスコイェ」ワイン醸造所

沿海地方風農業体験観光:朝鮮五味子やマタタビのワイン試飲、ピクニックやバーニャ(蒸風呂)の体験

狩猟

狩猟

狩猟の国民的特徴

沿海地方国立絵画廊

沿海地方国立絵画廊

画廊の常設コレクションにはロシアや西洋美術の所蔵品250点があります。世界的に有名な画家の作品は日本人愛好家を魅了するに違いありません。

沿海地方水族館

沿海地方水族館

海のそばに住んで、毎年海辺で休暇を過ごしても、水族館に行かない限り海の謎は解けないかもしれません。

極東連邦大学のキャンパス

極東連邦大学のキャンパス

海岸通りや公園を自転車に乗って走り、この超現代的な施設集合体を日常的に扱っている大学生をうらやむために、極東連邦大学のキャンパスを訪れる価値があります。

観光ビューロー「ヴレーミャ・ゴーロダ(街の時間)」

観光ビューロー「ヴレーミャ・ゴーロダ(街の時間)」

自転車やバスに乗って見学するのもいいですが一番なのは散策することです。ここのガイドは現地住民でも驚いて聞くほど面白いですよ!

ウラジオストク要塞

ウラジオストク要塞

ユニークな施設の集合体であるウラジオストク要塞の砦や砲台は世界にも類がありません。

クラブ「コントラバンダ」

クラブ「コントラバンダ」

「グム百貨店裏の古い中庭」にある港町の飲み屋

ウラジオストクのマラソン

ウラジオストクのマラソン

走行マラソンが世界最大都市の不可欠の一部となってきています。この世界のトレンドがロシアにも積極的に導入されています。ウラジオストクは、モスクワ、サンクトペテルブルグとオムスク並みに、大衆走行大会の開催に主導的な役割を果たしています。

ウラジオストクの教会

ウラジオストクの教会

ウラジオストクに存在した昔の教会は、さまざまな宗派に所属していました。そのうちのいくつかは、革命やソビエト政権時代を生き延び、信者の精神的・文化的な生活の要となりました。

ミリオンカ街

ミリオンカ街

一番中心にある旧市街は中国人のディアスポラによって管轄された社会脱落人間の元の非難

「鷹の巣」展望台

「鷹の巣」展望台

この丘の頂上から報道によって列聖された一番美しい景色が広がります。ただし、百聞は一見にしかずということで、自分自身で「鷹の巣」に是非上がってみて下さい。

グム百貨店裏の古い中庭

グム百貨店裏の古い中庭

ポルト・フランコの精神と市内若者の創造力が一体になるウラジオストクの最も素敵な建物の中庭においてのご飯やエンタメ

現代芸術センター「ザリャー」

現代芸術センター「ザリャー」

現代美術展を鑑賞したり、仕事をしたり、休息をとったり、創造的な人間と話し合ったりして下さい。

ビール ~ 遊び ~ムミートローリ

ビール ~ 遊び ~ムミートローリ

ポグラニチナヤ通りにはそれぞれ徒歩1分ぐらい離れているロック、カラオケ、そしてソビエト風など3軒とも全く違うコンセプトのミュージック・バーがあります。

ウラジオストク散策:ルート3番<br/>「アルセーニエフの足跡を辿りながら」

ウラジオストク散策:ルート3番
「アルセーニエフの足跡を辿りながら」

アルセーニエフ博物館 - スヴェトランスカヤ通り -「ベルサイユ」ホテル -「オケアン」映画館 - マカロフ名称公園 - 海岸通り - チェーホフ名称公園 - ペルヴァヤ・モルスカヤ通り - アルセーニエフ通り - アルセーニエフ旅行家の家

ウラジオストク散策:ルート2番<br/>「海に沿って」

ウラジオストク散策:ルート2番
「海に沿って」

アルバート「アドミラーラ フォーキナ通り」 - スポーツ湾の海岸通り- 水族館 - ウラジオストク要塞博物館 - バタレイナヤ通り - 姉妹都市公園 -「ムミー・トローリ」バー

ウラジオストクを散歩しながら:ルート1番「歴史に溢れている町」

ウラジオストクを散歩しながら:ルート1番「歴史に溢れている町」

市内観光に出かけるウラジオストクの来訪者は、どうしてもこのルートを1回辿ってみる必要があります。

沿海地方国立アルセーニエフ博物館

沿海地方国立アルセーニエフ博物館

19世紀に創造された博物館が現代化され、積極的な社会生活の一部となりました。

ゴーリキー劇場

ゴーリキー劇場

そのドラマ劇場の俳優の方々は市内で顔が利きます

現代美術ギャラリー「アルカ」

現代美術ギャラリー「アルカ」

1995年から営業している私立美術画廊は新たなコンセプトやスタイルの展覧会を通じて、ウラジオストクの文化環境の形成に積極的に参加し、極東地域の若手画家の美意識へ有益な影響を与えています。

皇太子凱旋門

皇太子凱旋門

この場所では1891年にウラジオストクを訪れた将来の皇帝二コライ2世紀がパンと塩で迎えられました

巨大なクルーズ船

巨大なクルーズ船

大きな多段デッキのクルーズ船を近くから見られるロシアの港は数少ないです。しかし、ウラジオストクには、大型クルーズ船が停泊する岸壁が市内の中心部にあります。

帆船

帆船

海洋貴族である美貌2隻のパラダ号とナデージュダ号

冬の魚釣り

冬の魚釣り

ウラジオストク魚釣りの花形は言うまでもなく鮎です。自分で釣ったら、100倍ぐらい美味しくなります。

ダイビング

ダイビング

日本海が美しさを直ちに打ち明けません。それより、毎回徐々に少しずつ見せています。

夏の魚釣り

夏の魚釣り

ウラジオストクでは通常の魚釣りが普通に行われることですが地元の人はなぜかそれに加えて夜のイカ釣りや水中ハンティングなどより楽しい余暇を好んでいます。

スポーツ・リクリエーション・センター<br/>「プリムリング」

スポーツ・リクリエーション・センター
「プリムリング」

百聞は一見にしかず。来訪タイミングが良ければ、ドリフトを鑑賞。

オーブラチナヤ山

オーブラチナヤ山

沿海地方で一番高い山

国立公園「ウデゲの物語」

国立公園「ウデゲの物語」

百歳タイガと青空。静寂を破るのはイマン川の水中騒音とシャーマンのドラムの音。

植物園

植物園

シャクナゲ20品種、イチイ、恐竜の木及びウスリー・タイガの18ヘクタール

シャモラ

シャモラ

音楽が好きなロシア人は、1998年にムミー・トローリの同名のアルバムがリリースされて初めてShamoraという言葉を耳にしました 。

ハスの湖

ハスの湖

ハスの花見:日本の桜や紅葉の花見と同様な習慣

島々

島々

島へ遊びに行くのは地元人にとって必須の夏の儀式です。島々は都市の反対存在として自由や幸福の象徴となっています。

金の島:アスコーリド島

金の島:アスコーリド島

ウラジオストクから50キロぐらい離れ、日本海の霧で隠れている無人島のアスコリド。冒険を探している旅行者がここに来ている。

ヒョウの郷

ヒョウの郷

世界一番珍しい猫の生息地

「コット・イ・クレーベル」<br/>「ネコとクローバー」

「コット・イ・クレーベル」
「ネコとクローバー」

クラフトビール、ソーセージやロックンロール

Cuckoo

Cuckoo

ウラジオストクの最高級、贅沢なナイトクラブ

Moonshine Bar

Moonshine Bar

ウラジオストクの最高の 「ペニシリン」

「パシフィック・メリディアン」映画祭

「パシフィック・メリディアン」映画祭

映画祭の開催中にはアジア太平洋地域の映画名手や若手監督の新作を鑑賞し、大衆の憧れの的と出会い、マスター・クラスやコンサートで時間を過ごしたりすることが出来ます。

国際ジャズフェスティバル

国際ジャズフェスティバル

人生の自由な即興はウラジオストク特有のスタイル

ウラジオストクへようこそ