ウラジオストク日本人街の住民は随分昔に帰国しましたが、旧市街の建築遺物の壁は、彼らの生活様式や日本人がウラジオストクに住んでいた時代の歴史的な出来事の記憶を、無言で守り続けています。 第二次世界大戦時代の潜水艦を見たり、世界最長の鉄道の始点 を訪れたり、独特な極東料理を食べてみたり、現地の住民と一緒に郊外へ魚釣りやキノコ狩りに行ったり、マリインスキー劇場付属沿海地方劇場でオペラを聞いたり、愛しい人への お土産として水兵シャツやチョコレートや朝鮮人参を買ったり、ゴマフアザラシを観察したり、東京から飛行機で2時間の街では様々に余暇を過ごすことができます。

Выбор редакции
編集部のお勧め

都市の一番

国立アカデミー・マリインスキー劇場付属<br/>沿海地方ステージ

国立アカデミー・マリインスキー劇場付属<br/>沿海地方ステージ

最新の技術を取り入れて建設された劇場はウラジオストク文化生活の中心となっています。

ウラジオストクの海岸通り

ウラジオストクの海岸通り

地元の俗語では「ナプカ」というのは海岸通りを示しています。ウラジオストクは4つの海岸通りがあり、どちらを散策しても海の香りを嗅ぎながら都市のエネルギーを感じられます。

浦潮旧日本人街の散策

浦潮旧日本人街の散策

日本にゆかりのあるウラジオストクの名所・旧跡巡り

レストラン「シェミ・フートフ」(7フィート)

レストラン「シェミ・フートフ」(7フィート)

ウラジオストク市のヨットハート、理想的な夕日と新鮮なシーフードが楽しめるところ

ウラジオストクの歴史的な建物

ウラジオストクの歴史的な建物

ウラジオストクの鮮やかで多目的な建築遺産は都市の精神を正確に伝えています

縞模様のシャツ、旗、水兵ナイフ

縞模様のシャツ、旗、水兵ナイフ

海軍の街から最高のお土産に

極東地域の料理の概要

極東地域の料理の概要

軟体動物、棘皮動物、甲殻類、頭足類やわかめ

Port Cafe

Port Cafe

極東材料はレストラン概念の基

ウラジオストクへようこそ

住民や観光客の目から見たウラジオストク

印象をシェアして下さい