国立アカデミー・マリインスキー劇場

沿海地方ステージ

ガラスや金属で作られた現代的な建物が、チュールキン半島側の金角橋の端にそびえたっています。これは、早くも沿海地方の文化的な生活の中心となり、2016年1月からマリインスキー劇場付属劇場の資格を与えられたオペラ・バレエ劇場です。ゴールデンブリッジと同様、劇場は3年という最短期間で建設されました。橋の建設と同じように劇場も、本当に建設されるのかという市民の懐疑的な視線を受け、極東において1702席ものモダンな劇場を造るというアイデアはどうもユートピア的に見えました。しかし、無事に建設され、オープニングも行われ、最新の照明器具や音響機器、それに観客でいっぱいになりました。

10 10
30 30
20 20
40 40
50 50

音響について特に述べさせてください。大ホールの高音質は馬蹄形のホールのおかげで創られます。ホールの壁には特別な木造ブロックが組み込まれています。そのブロックの1種類は音響を反響し、もう1種類は音を吸収しています。同様のブロックは世界の最新ホールにも設置されています。

また、独特な音響は、金属が使われていない斜張天井のおかげで得られます。マリインスキー劇場沿海地方分館にはいくつかのホールがあります。312席の小ホールは室内楽演奏会を対象とし、ここではロマンスの夕べが行われたり、バレエの抜粋などが行われています。アリーナ席はステージと一体化できるように変形出来る構造となっています。大ホールは大型のオペラやバレエ用に設計されています。1390人が入れるキャパシティを持っています。サマー・ステージは屋外公演や小規模オーケストラ演奏のために作られています。

劇場で最も重要なのは出演者です。団員はロシア全国から集まってきました。オーケストラにはマリインスキーやボリショイ劇場の音楽家が在籍しています。オペラ団のソリストは才能ある優れた若手演奏家です。彼らの多くは国際コンクールの優勝者です。バレエ団には韓国、日本、アメリカからの外国人のダンサーもいます。

40 40
30 30
20 20
10 10

劇場は観客を「教育」するために、最初は分かりやすい古典作品にアクセントを置きました。レパートリーには「エフゲニー・オネーギン」、「スルタン王の物語」、「カルメン」、「アレコ」、「トスカ」、「くるみ割り人形」、「白鳥の湖」、「海賊」などがあります。舞台装置も特筆する価値があります。一言で言えば、贅沢でケチケチしていません!カーテンが上がって舞台を見た途端、観客は息を呑みます。

時間が経つにつれてプログラムも豊富になり、複雑なクラシック項目、現代的な作品も加わってきています。この劇場が、人気があり素晴らしい伝統となってきている、国や都市をつなぐ国際的な文化の懸け橋となっていることは、特に言及する価値があります。

このようなレベルの劇場がウラジオストクにできたことは、地元のアーティストの卵たちにとって極めて重要な出来事となりました。地元で素晴らしいキャリアを築くという展望が開けたのです。「くるみ割り人形」のコールドバレエに招かれた地元バレエ学校の若手生徒たちが、「芸術がその殿堂を得た」と興奮気味に語っていました。これは彼らの家であり、舞台であり、彼らの夢、彼らの将来です。

劇場が開いた当初には、多くの人が1500席ものホールを満席にできるのるかと頭を悩ませていました。それが今や、いつも満席なのです。ですので、チケットは前もって手配しておいた方がいいです。劇場のチケット売り場やオンラインで購入出来ます。

Fastovskaya ulitsa, 20
+7 (423) 200-15-15
10:00–24:00
prim.mariinsky.ru/en/

ウラジオストクへようこそ

サイトのお勧め

アート・カルチャー

「パシフィック・メリディアン」映画祭

「パシフィック・メリディアン」映画祭

映画祭の開催中にはアジア太平洋地域の映画名手や若手監督の新作を鑑賞し、大衆の憧れの的と出会い、マスター・クラスやコンサートで時間を過ごしたりすることが出来ます。

ウラジオストクの教会

ウラジオストクの教会

ウラジオストクに存在した昔の教会は、さまざまな宗派に所属していました。そのうちのいくつかは、革命やソビエト政権時代を生き延び、信者の精神的・文化的な生活の要となりました。

現代美術ギャラリー「アルカ」

現代美術ギャラリー「アルカ」

1995年から営業している私立美術画廊は新たなコンセプトやスタイルの展覧会を通じて、ウラジオストクの文化環境の形成に積極的に参加し、極東地域の若手画家の美意識へ有益な影響を与えています。