現代美術ギャラリー「アルカ」

現代美術画廊「アルカ」は1995年に館長のヴェラ・グラズコヴァと美術専門家のマリナ・クリコヴァによって設立されました。当時はギャラリー業はロシア国内、ましてや極東においては始まったばかりでした。初めての展示会は沿海地方の「非公式的な」芸術の代表者である画家セルゲイ・シマコフのアトリエで開催されました。最初からこのようにして「アルカ」のギャラリースタイルは形成されました。「アルカ」のもとには抽象芸術から写真、ビデオインスタレーションからパフォーマンスまで、現代美術で活躍するアーティストたちが集まりました。1997年には画廊がウラジオストクの旧市街で直営のアート・スペースを所有することになり、人気を高め、街の魅力的な文化中心地のひとつとなりました。

現在、「アルカ」は、シベリアや極東のギャラリー業界の最初の試みというだけではなく、東部ロシア全体での現代的ギャラリーの見本となっていると言えます。ギャラリーの主な目的は、現代美術の美意識や哲学を普及し、地元の画家を紹介し、展覧会による国際交流を発展させることです。ヴェニアミン・ゴンチャレンコ、アレクサンダー・プィルコフ、ユーリー・ソブチェンコ、ウラジーミル・ツォイ、ウラジーミル・ポグレブニャク、ジョン・クドリャフツェフなどの画家や、写真家のミハイル・パヴィンやグレブ・テレショフ、インスタレーション及びパフォーマンサーのカーチャ・カンディーバ・デミデンコなどの優秀なアーティストが定期的に参加しています。「アルカ」は新たなコンセプトやスタイルの展覧会を通じて、ウラジオストクの文化環境の形成に積極的に参加し、極東地域の若手画家の美意識へ有益な影響を与えています。

「アルカ」ギャラリーは国内では有名であり、モスクワ、サンクト・ペテルブルグや他の国内外の都市で展覧会を主催してきました。国際交流としては1998年から現在に至るまで、フランス、ドイツ、ベルギー、アメリカ、韓国、日本、中国の画家の展示会が開催されました。画廊は2000年から、「アート・モスクワ」、「アート・フォーラム・ベルリン」、「アート・マイアミ」、「アート・ウィーン」、「アート・アテネ」、「DiVA(パリ)」、「ARCOマドリード」、「アート・パリ」、「CIGE」(北京)など多くの国際展示会に参加しています。

Svetlanskaya ulitsa, 5
+7 (423) 241-05-26
11:00–18:00
arkagallery.ru

ウラジオストクへようこそ

サイトのお勧め

アート・カルチャー

ウラジオストクの教会

ウラジオストクの教会

ウラジオストクに存在した昔の教会は、さまざまな宗派に所属していました。そのうちのいくつかは、革命やソビエト政権時代を生き延び、信者の精神的・文化的な生活の要となりました。

現代芸術センター「ザリャー」

現代芸術センター「ザリャー」

現代美術展を鑑賞したり、仕事をしたり、休息をとったり、創造的な人間と話し合ったりして下さい。

観光ビューロー「ヴレーミャ・ゴーロダ(街の時間)」

観光ビューロー「ヴレーミャ・ゴーロダ(街の時間)」

自転車やバスに乗って見学するのもいいですが一番なのは散策することです。ここのガイドは現地住民でも驚いて聞くほど面白いですよ!