グム百貨店裏の古い中庭

人々を引き付ける市中心街

ウラジオストク住民の心の中では、グム百貨店の建物は、海岸通りと右ハンドル車の間の、名誉ある地位を占めています。この建物は「ポルト・フランコ(自由港)」の国際的で海洋的な商人の心のシンボルで、ウラジオストクとほぼ同い年です。ここには1884年に大規模な「クンスト&アルべルス」商会が開業し、マッチ、塩、お茶、砂糖、武器やウオッカを販売していました。ソビエト時代にはグム百貨店が街の一番重要な商店であり、その中庭には倉庫が置かれ、番犬が住んでいました。

それから130年経ち、その区域はきれいに改装され、建物は地元のファンが商業スペースとして使用するのに供されました。現時点ではそのうち80%が賃貸され、新しい街の空間として開幕式が2016年5月に行われました。「中庭」創設者のコンセプトでは、これらのテナント住民は、ウラジオストク・スピリットを保ちながら、自分の周りの環境を改善する希望を持っている情熱的な市民、としています。

ここには例えば、バー・クラブ「コントラバンダ」がありますが、開店直後に地元バンドのライブ会場となったり、最も非営利的なプロジェクトでさえ、そのステージに出演したりしました。コンサートは金曜日や土曜日に行われ、木曜日にはジャム・セッションが開催されます。ユースホステル「布団、水兵とアホウドリ」は近々、旅行者に一番人気のある宿になるでしょう。

ヘアサロン「ドブロー」(善良)の受付職員は英語と中国語が出来ますので、地元男性の顎ひげだけではなく、外国人の来客にも対応出来ます。女性のネイルケアも受け付けています。

グルメ部門は3軒によって代表されています。まず第一に、市民に既に人気のあるアメリカ・ダイナー風の「Shonkel」です。そこの料理人は独特のアイデアでファスト・フードを基にしたミックス料理を作ったり、農場からの直送品からバーガーを調理したりしています。

その隣のドアはエクレア店「フスプィシカ」です。そのエクレアは非常に売れ足が早いです。近くには「コフェイン」コーヒー店のチェーン店があります。そこには地元の一流コーヒー店のバリスタが集まっていることがあります。それがまた良い兆候といえます。

「中庭」にはその他にお土産物屋、地元デザイナーのセレクト・ショップ、もう1軒の喫茶店とベーカリーショップの開店が予定されています。屋外スペースでは現代的な展示空間が展開されています。開幕式が行われてからは、青空市場やワークショップが定期的に行われています。「グム百貨店の古い中庭」はごく自然に市内の地図に入り込んできて、凱旋門や皇太子海岸通りと同じように、ずっとそこにあったような気がします。

Svetlanskaya ulitsa, 35

ウラジオストクへようこそ

サイトのお勧め

名所・観光スポット

沿海地方水族館

沿海地方水族館

海のそばに住んで、毎年海辺で休暇を過ごしても、水族館に行かない限り海の謎は解けないかもしれません。

ウラジオストクを散歩しながら:ルート1番「歴史に溢れている町」

ウラジオストクを散歩しながら:ルート1番「歴史に溢れている町」

市内観光に出かけるウラジオストクの来訪者は、どうしてもこのルートを1回辿ってみる必要があります。

観光ビューロー「ヴレーミャ・ゴーロダ(街の時間)」

観光ビューロー「ヴレーミャ・ゴーロダ(街の時間)」

自転車やバスに乗って見学するのもいいですが一番なのは散策することです。ここのガイドは現地住民でも驚いて聞くほど面白いですよ!