「テプロー」(暖か味)ホテル

「暖か味」は清々しくてスタイリッシュなインテリア、便利な場所や親切なサービスを誇ります。ホテルの特徴は、ホステルタイプの部屋2つ及び滞在なさる方々が皆使用できる台所を持っていることにあり、ここは自宅と変わらないぐらいの楽しい雰囲気が漂います。実際に、ホテルのホールは、典型的なホテルのそれより、暖炉の備えたスタジオ・アパートを思わせるもので、快適に時間を過ごせるようなもの、すなわちノートパソコン、テレビ、ゲーム、書籍、整備の整った台所などがあります。市内に長く滞在しながらも旅行費を節約する顧客のために自炊できる可能性が重要なポイントとなります。

インテリアの師匠は、明るい壁に白煉瓦というおとなしくて地味な様子に対して鮮やかな色彩を持つ多彩なソファーやカーテンが対照的なイメージを作り上げます。各部屋の可愛い飾りとしての造花がさされたバスケット、目覚まし時計などで親戚の懐かしい自宅へ遊びに来たという印象がわいてきます。

一方、部屋には余計なものは何もなく、他方は荷物を保管できるスペースが足りなくなる場合もありますので、予約に際して部屋の説明を詳しく読んでください。ダブル部屋もとてもコンパクトで、二人の方に狭く思われることがあります。もう一つの重要な内容としては、部屋にはシャワーがありますが、トイレは廊下にあります。より高いレーベルのダブル部屋は本当のバスルームがあり、3人目が寝れるような追加のソファーもあります。それぐらいの部屋は16~25平米で、大きめの部屋がほしいなら予め責任者へご確認ください。

最も手頃な宿泊は、二段式ベッドのある6人用の部屋です。それを選ぶなら窓の無い場合があるとご了承下さい。朝飯が宿泊代に含まれていないのですが、近所にある「My Place」喫茶店がらヨーロッパ式の普通セットとなる、クロワッサンを含むフランス料理またはオートミールを含むイギリス料理のブレークファストを予約することが出来ます。それに加えて台所またそれぞれの部屋(部屋にも電子レンジや冷蔵庫がありますから)朝飯をご自分で作れます。

「暖か味」ホテルの所在地にはかなりのメリットがあります。静かなポシエットスカヤ通りから鉄道駅、目抜き通りのスベトランスカヤ通り、散歩用地として最適の「七フィート」ヨットクラブまで歩いてもとても近いです。ホテルの近辺に店舗、レストラン、ボーリングセンター、土産店などがあります。

Posyetskaya ulitsa, 16
+7 (423) 290-95-55
teplo-hotel.ru/en/

ウラジオストクへようこそ

サイトのお勧め

宿泊施設ガイド

「アヴァンタ」ホテル

「アヴァンタ」ホテル

料金と品質のバランスがとれたホテルです。料金はスタンダードタイプの5000ルーブルから、二部屋タイプの客室(100平方メートル)の14000ルーブルまでとなっています。

「アストリア」ホテル

「アストリア」ホテル

うるさいお客様に十分合格できる現代的で簡単なスタイルのホテル。部屋は一泊3800ルーブルから12000ルーブルまでの範囲です。

「ベルサイユ」ホテル

「ベルサイユ」ホテル

海軍提督コルチャーク、英国の作家ソマセット・モーム、ドイツの劇作家ベルトルト・ブレフト、ベトナムの大統領ホー・チ・ミンなどがここに泊まったことがあります。歴史に触れたい場合、スタンダード・シングルで5300ルーブル、三つの部屋からなるスーパーラックスなら27千ルーブルとなります。