飛ぶように売れる名物

ピャンセ

ウラジオストクの名物のファストフードは、キャベツ、ひき肉とコショウの中身の蒸しパン(蒸し饅頭)「ピャンセ」です。ピャンセは、遠くからでも見える緑色のエプロンを着た行商人が街で保温容器から取り出し売っています。ピャンセというのは、昔からあった韓国料理のロシア風バージョンで、1980年代末ごろサハリンのホルムスク市の朝鮮系の人が作り始めたものです。熱いスパイシーなピャンセは、ロシアのパイとクレビャーカ、シベリアのマントィとポーズィー等、中身入りのパン(饅頭)の仲間です。ポイントは、アジア風のエキゾチックなことだけではなくて、ホットドッグ、ハンバーガー、揚げパンと違って、焼いたり揚げたりするのではなくて、蒸す料理なので、割と体にいいです。

1990年代初めごろピャンセが初めてウラジオストク(1990年8月に、「夜のウラジオストク」新聞にピャンセのレシピが初めて掲載された)と他の極東地域に登場して、だんだんシベリアにも広がりました。最近、極東地域の出身者がモスクワでピャンセの製造販売を始めたそうです。でも、ピャンセはあくまでも極東地域ならではの料理です。各地域は、独自のピャンセのレシピを持っています。キャベツの替わりにニンジンを使ったりして、サハリンでは、なんと、キムチ入りピャンセもあります。ウラジオストクのピャンセは、キャベツと肉とスパイスが入っていて、これが本当のレシピだと思われています。しかし、ちょっと変わったバージョンも次々と現れたりします。例えば、2015年に、プロテイン入りピャンセのレシピがニュースになりました。

ウラジオストクへようこそ

サイトのお勧め

グルメガイド

MOLOKO&MЁD 〈モロコー・アンド・ミョード〉

MOLOKO&MЁD 〈モロコー・アンド・ミョード〉

町一番の子供のメニューを提供するテラス付きファミリー・カフェ

レスナーヤ・ザイムカ

レスナーヤ・ザイムカ

高級な木材、ビロードと金属のインテリアデザイン、1974年から伝えられてきた料理のレシピ等、ソ連時代のエリートの贅沢な生活を体験できる歴史・料理の文化遺産の店です。エゾライチョウの料理までありますよ!

Studio

Studio

2000年代初めにオープンした噂のカフェは、お客さんの好みにあわせて変化し、今でも流行っています。