Iki Noodle Bar

街一番のラーメン屋さん

日本の哲学ではカイゼンという概念があり、「不断の進歩」ということを象徴しています。IKIヌードルバーの調理はこの原則に従い、素材の品質や味を重視しています。ラーメンのだしは、日本でよく使っているインスタント製品ではなく、十分な濃いスープを得るために数時間かけて作られており、麺も特殊な設備を使ってここで生産しています。

多くの料理は中華鍋を利用して作られているので、多くの料理は数分で提供することができます。シェフのアレクサンダー・ガルクシェンコ氏は、誰でもに調理の秘密を明かすわけではない中国人や日本人の調理人から、この伝統的なアジアのフライパンの使い方を学びました。アレクサンダー氏は日本料理の原理を説明しながら、自分の料理のアイデアの実現を手伝うフライパンや、職人によって作られた包丁を、誇らしげに見せています。しかし、実際のところ重要なのは、道具ではなく、調理師の素材や調理方法に対する尊敬でしょう。例えば、中華鍋で炒め料理を作るとき、あらかじめ切ってあった材料ではなく、注文があった後で刻んだ野菜や材料を使っています。

メニューはラーメンが数種類、サラダ、そば、うどん、ビーフンの炒め物、チャーハンなどがあります。日本料理だけではなく、海老のトム・ヤムやタイ風ピリ辛牛肉などのタイ料理、宮保鶏丁、豚肉と麺の炒め物などの中華料理もあります。量は多めで、例えばラーメンは800グラムもありますので、2人で1品を注文して、追加の食器を頼んだ方がいいかもしれません。

編集部のお勧め:
豚骨ラーメン 935円
天津飯  706円
海老天ぷらそば 830円
トンカツ 725円
Fokina Str., 23B (2 階)
+7 (423) 200-89-00

ウラジオストクへようこそ

サイトのお勧め

グルメガイド

MOLOKO&MЁD 〈モロコー・アンド・ミョード〉

MOLOKO&MЁD 〈モロコー・アンド・ミョード〉

町一番の子供のメニューを提供するテラス付きファミリー・カフェ

ミシェルのパン屋<br/>(ペカルニャ・ミシェリャ)

ミシェルのパン屋<br/>(ペカルニャ・ミシェリャ)

フランス国民議会にパンを納入する店が、ウラジオストクにも登場!